仮想通貨保管にCryptosteelが最強な理由

coincheckの仮想通貨NEM盗難事件は記憶に新しいと思います。

これは取引所に仮想通貨を預けていたために、ユーザーの仮想通貨が盗まれた事件でした。


取引所からの盗難被害を防ぐためには、自分のウォレットで仮想通貨を管理することがとても大切です。

自分でウォレット管理したことがある人には、【秘密鍵】【リカバリーフレーズ】の重要性は言うまでもないと思いますが、この秘密鍵やリカバリーフレーズを保管しておくためにとても役に立つツールを紹介いたします。


仮想通貨保管にCryptosteelが最強な理由




スポンサーリンク






ー Cryptosteelとは?


cryptosteelをそのまま訳せば"暗号鉄"です。なんなのか?説明するより商品の写真を見てもらいましょう。

product_MIX.jpg


実際にステンレスでできた金属製品です。察しのいい人はおわかりと思いますが、このCryptosteelに暗号キーやリカバリーフレーズを記録しておくことが出来ます。


通常、リカバリーフレーズや暗号鍵は紙に書いて保管しておく人が多いと思いますが、紙は低コストで保管できる反面、経年劣化や第三者による紛失(暗号通貨を知らない人にとっては無価値な文字の羅列ですからね)保管場所の火災による喪失など、長期間保管しておく媒体としては不安があります。


ハードウェアウォレットで保管されている方も多いと思いますが、ハードウェアウォレットを使用してもリカバリーフレーズは別で保管しなくてはいけません。

逆のことを言えば、ハードウェアが壊れたとしても、リカバリーフレーズさえわかれば保管した仮想通貨にアクセスすることが出来ます。



ハードウェアウォレットはこんなのです。


これらの保管問題から解決してくれるツールが"Cryptosteel"なのです。


特徴は【耐火性】【防水性】【腐食性】に優れており、誰かに見られない限りは半永久的に仮想通貨を保管することが出来ます。

取扱のビデオを見てください。Cryptosteelは暗号鍵やリカバリーフレーズだけではなく、アルファベットや記号からなるあらゆるパスワードを記録することが出来ます。


購入はAmazonでもできます。


並行輸入品のため、高価ですね。

気長に待っていられるのなら、メーカーから個人輸入しましょう。




ー ウォレットの基礎知識


ところで仮想通貨のウォレットは、仮想通貨のお財布のようなイメージを持たれている方が多いと思います。

leather-3080553_640.jpg

でも実際には、仮想通貨はどんな種類のウォレットにも入っていません

それは、ハードウェアウォレットでもペーパーウォレットでも、ソフトウェアウォレットでも、オンラインウォレットでも同じことです。


じゃあ、どこに自分の仮想通貨はあるの?と思われるでしょうが、あなたの仮想通貨はブロックチェーン上に存在します

それはどんなウォレットで管理しても同じです。

blockchain-3019121_640.png

?????

と思った人もいるでしょう。ウォレットには残高1BTCと記録されているのに・・・どういうことなんでしょうか?


実はウォレットはより正確に言うと自分の仮想通貨にアクセスするための【鍵】なんです。

key-96233_640.jpg

財布じゃないの?と言う意見はもっともです。ウォレットは財布という意味ですからね。


簡便上、財布という言葉が使われていますが、鍵が実際に近いと思います。


では、ウォレットとは何かというと「世界で一つだけしか無い鍵が内蔵された、多機能ツール」みたいなイメージです。


仮想通貨はあくまで、ブロックチェーン上にこれからも存在し続け、鍵の保有者は仮想通貨のアクセス権があり、送金するということは仮想通貨のアクセス権を人に譲るという感じです。


わたしも最初はハードウェアウォレットなどに仮想通貨をダウンロードするものと、勘違いしていましたがそうではありませんでした。


だから、ハードウェアウォレットが壊れたとしても、秘密鍵やリカバリーフレーズさえわかっていれば、自分の仮想通貨を取り戻すことができるわけですね。


今回ご紹介した、Cryptosteelはその秘密鍵やリカバリーフレーズを保管する目的のツールです。記録した暗号鍵やリカバリーフレーズを絶対に人に見せてはいけませんし、保管場所も知らせてはいけません。


理想としては、銀行の貸金庫にハードウェアウォレットと一緒に保管しておいて信頼できる家族だけに仮想通貨の取り出し方の知識を教えておく、そんな使い方になるでしょう!


リカバリーフレーズは紙で保管しているよって人は使用を検討してみてはいかがでしょう?


100ドルくらいするので、安くはありませんが仮想通貨の保管は法定通貨と違って自分で自衛しなくてはいけませんので、大金を仮想通貨で保管している人にはかっこいいしもってこいのツールだと思いました。






この記事へのコメント